百貨店の今後は思っていた以上に厳しいかも…

資産運用

こんにちは、ゴレイです。

土曜日と日曜日は基本的にランニングをする時間を設けているのですが、本日はお休みしてしまいました。

先日異動となった上司の餞別の品を探しに行くため、百貨店へ行ったものの、なかなか良い品が見つからず、歩き回ったせいでくだびれてしまったからです。

最低1日1万歩を歩くことを目安にしておりますが、昨日は1万3千歩も歩いておりました。

これだけ歩けば日々の運動としては充分でしょう。

それはそうと、久々に百貨店に行ったので、思ったことでも書いてみます。

百貨店は投資対象とはしておりませんが…

私は普段の生活で、百貨店に入ることはまずありません。

おみやげとして「とらやの羊羹」を買う等といった明確な目的がない限り、入店することはありません。

何というか、ふらっと入るには少し敷居が高いというか…。

私の生活の一部とはかけ離れた業界なので、当然のことながら投資対象にはしておりませんでした。

接客スキル等は抜群なのでしょうが今の時代に合っていないかな

改めて、昨日行った感想など。

新型コロナウイルスの影響か、お客さんはかなり少なかったように思います。

コロナ前の状況を良く知りませんが。

そのような状況でしたので、商品を物色していると店員さんが絶妙なポジショニングでマンマークについてきました。

すぐに話しかけるのでなく、つかず離れずの間合い。

多くの会話をしたわけではありませんが、店員さんのスキルについては、非常に鍛えられているな…という印象。

お客様に対する提案力等も相当なのだろう推察しています。

ただ、買い物は全て自分で決めたい私にとっては、正直鬱陶しく感じ疲れてしまいました。

ネットで楽に何でも買える時代ですし、百貨店で買い物をすることへのステータスというものは随分下がってしまったように思います。

実際に地方の百貨店はどんどん閉店しているという現実がありますし。

一方で決まった時間に、パイプオルガンの生演奏を聴くことが出来、それに癒されるなど、お客様に対するおもてなしの精神を直に感じました。

しかし、改めて私には縁のない業界なんだな…と再認識した日曜日でした。

コメント

  1. deds より:

    身に着けるものとかはなかなかネットでは買いにくいというのはあるけど
    実際試着してみないと分からないので

  2. golei より:

    ★dedsさん
    靴なんかはそうですよね。
    試着してネットで買うという流れが…。

タイトルとURLをコピーしました